fbpx

植物を利用しゴキブリを遠ざける方法~ゴキブリの嫌いな植物とオススメの使用方法~

庭師の道具箱(ブログ)

今日もご訪問いただきありがとうございます(^_-)-☆

今日はYouTube活動について少し書いてみようと思います。

最初の紹介動画をアップしてから中々次がアップ出来ていませんが、着々と撮影をしています。

この四季創庭苑のYouTubeは御縁が有って知り合った、大学生の方と二人で行っています。

と言っても動画の編集などは僕はほとんど出来ませんので、編集は彼がやってくれています。

彼は、動画編集が大好きでとても積極的に案を出してくれたり、意見を言ってくれたりするのでとても助かっています。

僕も楽しく撮影に打ち合わせをさせてもらっています(^_-)-☆

今はまだ探り探りで中々効率が上がらないので、早く効率を上げて皆さんに喜んで貰える情報を配信していきたいです。

このようにYouTubeを頑張ろうとしている中で、僕がしたかった事がもう一つ実現しています。

それは、この楽しい輪をもっともっと広げて多くの方と御縁を広げていく事(^^♪

こんな最高の大学生に出会えて本当に嬉しいです!(^^)!

これからもより力強い絆にし、僕が出来ることをしっかりと考えていきたいと思います(^^♪

YouTubeチャンネル、四季創庭苑TVにご期待ください!!(^^♪

さて今回は、夏に発生し苦手な方の多いゴキブリ除けになる植物とオススメの使用方法について紹介していきたいと思います。

自然の植物を使うのは安全面を考えてもとてもオススメです。

是非参考にしてみて下さい(^^♪

それでは早速やっていきましょう(^_-)-☆

ゴキブリの嫌いな植物

レモングラス

レモングラスは名前の通りレモンのような香りがするハーブです。

ゴキブリは基本的に柑橘類の匂いを嫌う傾向にあります。

d-リモネンという成分がゴキブリに有害にはらくためのようです。

この成分の効果はとても大きく、レモンの果汁を数滴たらすだけでもゴキブリは動けなくなります。

また、ハーブの強い香りもゴキブリはとても嫌います。

ですのでレモングラスはどちらも兼ね揃えているのでオススメの植物です。

レモングラスは料理に使われたり、アロマオイル、芳香剤に使われたりする植物なので私たちの生活に浸透している植物です。

値段も比較的安価で購入でき、一般的な園芸店やホームセンターで購入できます。

ミント

ミントは多くの品種があり、ハーブの中でも私たちの生活に最も浸透していると言ってもよいハーブです。

ゴキブリはとても香りの強いミントを嫌います。

昔はミントのある家にはゴキブリが出ないと言われるほどだそうです。

ミントは様々な事に使用されているハーブです。

食用としてはもちろん、アロマオイルや芳香剤、殺虫剤にも使用されています。

生態は日陰でも元気に育ち、初心者にも育てやすく、手が掛かりません。

乾燥にはそれほど強くないですが、きちんと対策をすれば枯れる事はほとんどないでしょう。

グランドカバーとしても人気の植物ですが、繁殖力も強いのでオススメの生育環境は鉢植えです。

ミントも比較的安価で手に入り、一般的な園芸店やホームセンターで販売しています。

二ホンハッカ

二ホンハッカは日本の在来種のミントの仲間になります。

ハッカについてはご存じの方も多く、子供の頃から親しみのある植物ではないでしょうか。

とても清涼感が強く、鼻を突き抜けるような独特の香りが特徴の植物です。

ハーブ類の中でも二ホンハッカのゴキブリに対する効果はとても大きいです。

生育方法はミントなどと同じように生育します。

ですので半日陰でも元気に育ち、丈夫な植物ですので初心者でも生育することが出来ます。

成長した二ホンハッカの葉はハーブティーやミントシロップなどとして利用できるのも嬉しいですね。

ハッカは治療薬などにも使用される植物ですので体に良いのも魅力的です。

二ホンハッカも地植えすると、とても広がる植物ですので鉢植えでの生育をオススメします。

二ホンハッカも比較的安価で一般的な園芸店やホームセンターで手に入ります。

レモン

レモンは誰もが知っている柑橘類の代表です。

先程も紹介したようにレモンの中に含まれるd-リモネンという成分をゴキブリはとても嫌います。

レモンの皮を所々に置いておくとゴキブリがいなくなると言われるほどです。

レモン自体は柑橘系の樹木なので生育出来るスペースが限られてきます。

お庭のある方は地植えされても良いですが、鉢植えでも元気に育つ植物です。

お庭のない方などはベランダなどで鉢植えで生育されても良いでしょう。

植物を使用する場合の注意点

殺虫剤より効果はマイルド

殺虫剤のような劇的な効果は得られない場合は多いです。

人工的な薬品を使っている殺虫剤とは違い完全にいなくなることは望めないかもしれません。

ですので、殺虫剤のような薬品を使用したくない方、健康面の心配をされる方にはとてもオススメの使用法です。

また、小さなお子さんのいるような家庭ではリスクはとても少ないので良いと思います。

殺虫剤のスプレー缶や置き薬などが景観を損ねるから嫌い、という方などにも非常にオススメです。

植物を使用する場合は予防だと理解して使用するようにしましょう。

殺虫は出来ない

これはどういうことかと言いますと、基本的にはゴキブリの嫌う植物ではゴキブリは絶命しません。

寄せ付けない為の予防法であり、殺虫は出来ないという事です。

ですので、ゴキブリがとても苦手な方などは殺虫剤スプレーを常備しておくことをオススメします。

人工的な物を使わず、景観を損ねずにゴキブリを遠ざけようという事が目的ですので、ゴキブリを完全に絶命させる目的の場合は、専用の薬剤を使用するようにしましょう。

オススメの使用方法

アロマオイル

先程紹介した植物はどの植物もアロマオイルとして市販で販売されています。

ですので個人的な一番のオススメ方法はアロマオイルとして使用することです。

リラックス効果など他にも様々な効果が期待できる植物ですので、アロマオイルを焚くことで人にも良い効果があります。

お部屋も良い匂いになりますし、おしゃれな空間も演出できますので是非試してみて下さい。

アロマオイルは最近は百均などでも手に入るほど、身近なアイテムですので購入場所に困る事も少ないす。

この方法が一番実用的なのではないでしょうか。

鉢植えや寄せ植えでインテリアに

この方法もハーブなどの生態を考えるとオススメの方法です。

先程紹介した植物たちは繁殖力が高い物が多いので鉢植えや寄せ植えでの生育がオススメです。

メリットは丈夫で、生育しやすい植物が多いので生育に手が掛からず、室内でも生育が可能な事です。

日当たりの良い場所を選ぶことなどは大切ですが、まず枯れる心配は少ないでしょう。

おしゃれな植物が多いのでインテリアとしても映えるのもオススメのポイントです。

小さな鉢でも育ちますし、様々なハーブを寄せ植えしても面白いと思います。

この方法も手軽にできる方法ですので、是非試してみて下さい。

まとめ

いかがだったでしょうか?

自然の植物を使ってゴキブリを遠ざける方法について紹介してきました。

目的によって方法を変えることが大切だと思いますが、植物を使う方法はこれといってデメリットは感じないのでオススメの方法です。

是非試してみて下さいね(^_-)-☆

ライフスタイルに合った方法を探してみて下さいね(^^♪

さて次回は、キンモクセイよりも花姿も香りも控えめですが愛好家も多いギンモクセイを紹介していきたいと思います。

控えだからこその品を感じられる植物です。

是非参考にしてみて下さい(^^♪

本日も最後までご覧いただきありがとうございました(^_-)-☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました