fbpx

第2話:お庭弄りで被害の多い「蜂」について〜蜂の種類〜

庭師の道具箱(ブログ)

今日もご訪問いただきありがとうございます(*^^*)

最近は急に暑くなりましたよね。。。

皆さん体調は崩されていませんか?

岡山は連日気温30度の予想が出ていて、外仕事には厳しい季節が来たなと感じています。

そろそろ暑さ対策が必要になって来る訳ですが皆さんはどのような暑さ対策をされていますか?

水分補給や塩分補給はもちろんですが、最近は様々な対策グッズが販売されていますよね。

今日はその中でもよく聞かれる空調服について少し紹介したいと思います。

今では夏場に見ない日は無いというくらい浸透している空調服ですが、価格が高いという印象がありますよね。

以前は空調服を出しているメーカーも少なく、メーカー同士の互換がきく製品が少なかったのですが最近は多くのメーカーが空調服を出しています。

値段も高価な物もありますが、比較的安価な物も出始めて互換もきくようになってきました。

以前は現場仕事の服といった印象でしたが、最近ではアウトドアをする時やちょっとしたお出掛けの時などにも来ている方を多く見かけます。

個人的にはサンエスというメーカーの空調服を持っていますが、かなり快適です。

体感温度はかなり違うように感じます。

熱中症対策にはもってこいだと思いますので、皆さんも是非試してみて下さい。

さて今回は蜂についての第2話という事で、蜂の種類について書いていきたいと思ます。

蜂の種類によって、攻撃的な時期や危険度なども違います。

是非参考にしてみて下さい(^^♪

それでは早速やっていきましょう(^_-)-☆

蜂の種類

スズメバチ

オオスズメバチ

近年ニュースになるほどの大きな被害を出しているのが、このオオスズメバチによる被害です。

この蜂は日本の蜂の中で最大の種類でスズメバチの仲間としても世界最大です。

この蜂は、大きくなると5センチほどにもなります。

このスズメバチは最も危険な蜂と言っても過言ではないです。

様々な特徴がありますが、巣に関しては土の中に作ることがあるのが特徴のひとつです。

また、このスズメバチはミツバチやほかの種のスズメバチを襲い、全滅させる力があります。

気性はとても荒く、晩夏から秋にかけては攻撃的になるので近づかないようにしましょう。

刺されると蜂の中では最も痛いと思います。

アナフィラキシーショックを起こすこともあるので、刺されたら医師の診察を受けるようにしましょう。

キイロスズメバチ

僕たち庭師やお庭で刺される事が一番多いスズメバチがキイロスズメバチです。

このスズメバチもとても攻撃性が高いスズメバチです。

黄色の濃い体が特徴的で大きさはそれほど大きくありません。

ですが年間のスズメバチによる被害件数の一番はキイロスズメバチによる被害です。

何でも食べるのが特徴で、人間の食べ残しや清涼飲料水なども飲みます。

なので公園によく現れたり、お庭に現れたりと人の生活環境に入り込んでいます。

この蜂の攻撃的なシーズンは夏から秋にかけてで、働きバチは1000匹以上にもなります。

このキイロスズメバチも刺されると激痛を伴い、アナフィラキシーショックになる可能性もありますので医師の診察を受けるようにしましょう。

チャイロスズメバチ

一般の方が見てスズメバチに見えないのがチャイロスズメバチです。

どういう事かと言いますと、他のスズメバチとは違う見た目をしており蜂というよりアブなどに似ています。

ですがこのスズメバチも攻撃性が高いです。

特徴的なのは他の蜂の巣を乗っ取る事です。

女王蜂が作りかけの巣に侵入し乗っ取り、そこで生活を始めます。

危険な時期は夏から秋にかけてで、人間を襲う事も多いので注意が必要です。

刺されると他のスズメバチ同様に激痛を伴うので医師の診察を受けるようにしましょう。

ヒメスズメバチ

このスズメバチはオオスズメバチの次に大きと言われています。

ですがスズメバチの中では最も大人しく、巣も小さいという特徴を持っています。

このスズメバチもお庭弄りをしていると遭遇することがあるスズメバチです。

大人しいとは言っても、人間が刺されたというケースも多く報告されています。

このスズメバチも攻撃的な時期は夏から秋にかけてで、大人しいとはいえなるべく近づかないように注意しましょう。

このスズメバチも他のスズメバチ同様に刺されると激痛を伴うので医師の診察を受けるようにしましょう。

アシナガバチ

キアシナガバチ

日本でよく見かけるアシナガバチがキアシナガバチです。

アシナガバチによる被害で最も被害が多いのがこのキアシナガバチによる被害です。

このアシナガバチの特徴は黄色い体が特徴です。

日本のアシナガバチの中では最大級です。

更にアシナガバチの中では最も攻撃的です。

お庭や公園などで見かける事も多く、民家や倉庫などにも巣を作りやすい特徴があります。

このアシナガバチはスズメバチよりも少し早い6月頃から活動的になり、攻撃的になります。

刺されるとスズメバチほどではないですが、同じアシナガバチの中では最も痛みが有るとされとても腫れます。

刺されてしまったら、しっかりと治療するか医師の診察を受けるようにしましょう。

セグロアシナガバチ

このアシナガバチもお庭や公園などでよく見かける蜂です。

セグロアシナガバチは、キアシナガバチと同様に最大級のアシナガバチです。

とても危険性が高く、被害が多いのも特徴的です。

攻撃性が高い蜂で、巣に近づくと働き蜂が威嚇してきます。

このアシナガバチも家や倉庫などに巣を作る事が多くあるので、お庭弄りなどをしていると被害に遭う事が多いです。

キアシナガバチと同じ6月頃から活動的になり、攻撃性も上がりますので注意が必要です。

刺されると激痛を伴い、とても腫れるのできちんとした治療を行うか、症状が酷いようなら医師の診察を受けるようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、危険性の高い蜂を紹介していきました。

ミツバチやクマバチ、ドロバチやアナバチなど他にも様々な蜂がいますが、人間の生活に近く被害の多い蜂を紹介しました。

蜂によって、特徴や攻撃的な時期も違うので蜂の生態を理解しておきましょう。

さて次回は、蜂の被害に遭わない為の予防法や気を付けることについて書いていきたいと思います。

個人的には予防がとても大切だと思っています。

是非参考にしてみて下さい(^^♪

本日も最後までご覧いただきありがとうございました(^_-)-☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました