fbpx

鉢植えで生育できる実の成る植物※マンション、アパート編

庭師の道具箱(ブログ)

今日もご訪問いただきありがとうございます(〃ω〃)

先日、卓球女子のオリンピックシングルの2枠が決まりましたね。

伊藤美誠選手と石川佳純選手ということに決まったみたいです。

2枠目は最後に平野美宇選手が負ければ石川選手で決定、勝てば平野選手で決定という状況でした。

負けた後の平野選手のインタビューは非常に印象的でした。

号泣しながらこの日の為に3年間頑張って来たが力が足りなかったとインタビューに応えていた姿はとても考えさせられました。

僕たちには予想もつかないようなプレッシャーと緊張があったことだと思います。

号泣しながらでもインタビューに応えた潔さからはプロスポーツマンの精神を感じ、何より人としての素晴らしさを感じました。

まだ若いですしこれからも頑張って欲しいと思います。

応援したいですね(^^)/

さて今回は、前回に続き今回は鉢植えで育てられる実の成る植物という事でマンションやアパートで生育出来る物について書いていきたいと思います。

最近は家庭菜園も人気が高いですが、魅力は沢山あるので是非参考にして頂けたらと思います。

それでは早速やっていきましょう(〃ω〃)

鉢植えで生育する魅力と注意点

これを見て、鉢植えで生育できるならマンションに住んでいるけどやってみたい!そう思った方は多いと思います。

鉢植えならではの魅力やメリットはあります。

鉢植えで生育する魅力とメリット

やはり一番のメリットになるのは、管理のしやすさではないでしょうか。

地植えだと、成長が早い樹木も鉢植えの場合はある程度で成長が抑えられます。これは非常に魅力的です。

鉢植えですと、持ち運びが可能な為日当たりなどが植物に適した場所に移動出来たり、一時的に日陰に避けたりする事も出来ます。

もう一つのメリットは、インテリアの一部になるという事です。

リンビングなどからベランダの実の付いた樹木が見えると、お家自体が明るく見えます。

ベランダに鳥が遊びに来る事もあるので、室内からでも自然や季節を感じられます。

もう一つメリットというかオススメしたいのは、家庭菜園と同じように鉢植えでの樹木の生育を趣味にされてはいかがでしょうか?

お手軽なうえに、実を食す事が出来たりとご家族で生育しても面白いのではないでしょうか。

注意点

注意点はあまり見当たりませんがあえて言うなら、実が熟して落ちると地べたが汚れるので、マンションのベランダなどの場合は地べたに養生をする事をオススメします。

養生をしておけば鳥が遊びに来て、フンをされてしまっても汚れずにすみます。

鉢植えで育てやすい実の成る植物の紹介

いくつか鉢植えで育てられる実の成る植物についてご紹介していきます。

ジューンベリー

前回の地植え編でも紹介しましたが鉢植えでも非常にオススメの植物です。

やはりオススメの理由は管理がしやすい事が一番です。

鉢植えにすると成長もある程度穏やかに抑えられますので更に維持がしやすく成ると思います。

果実は前回紹介したように、生食やジャムなどの加工品としても使用でき、人気の果実です。

とても甘いので小さな子供でも食べられると思います。

マンションなどで生育する場合もオススメの樹木です。

ライム

個人的にはライムも非常にオススメの樹木です。

皆さん、みかんやゆずなどは育てているのを見たことが有ると思いますが、ライムはあまり見ないと思います。

ライムもとても育てやすいと言えます。ただ気温が0度を下回るような寒さには弱いので注意しましょう。

果実はみかんやゆずに比べて更に万能です。

何人か知り合いが鉢植えで育てていますが育てやすく手軽に生育できるようなのでオススメ出来ると思います。

アロニア

最近話題の樹木といえばアロニアです。

赤黒い果実はスーパー果実として話題を集めています。

このアロニアですが非常に育てやすい樹木です。暑さにも寒さにも強く、日本の環境に適しているとも言えます。

花も小さめの上品な花が咲き、一年を通して楽しめる樹木だと思います。

果実は一本の樹木を植えるだけで出来るので初心者の方にもオススメです。

果実はスーパー果実と言われるだけあって、健康に良い成分が沢山含まれているので是非検討してみて下さい。

まとめ

いかがだったでしょうか?

マンションやアパートなどでの鉢植えはとてもメリットが多いです。

ですので今まで諦めていた方や、興味はあるけどハードルが高く感じていた方は是非チャレンジしてみて下さい。

初心者の方にも非常にオススメですよ(^^)/

さて次回は、オススメの低木について書いていきたいと思います。

低木についても地植え編と、鉢植え編で書いていきたいと思いますので参考にして頂けたらと思います。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました(〃ω〃)

コメント

タイトルとURLをコピーしました