fbpx

庭木にオススメの果樹~食用編~

庭師の道具箱(ブログ)

今日もご訪問いただきありがとうございます(^^)/

最近は日差しがとても強くなってきましたよね。。。

いつもは夏前には日焼け止めを塗り始めるのですが、今年はつい先日日焼け止めを開封しました。

皆さんは夏場の日焼け止め対策はどのようにされていますか?

何かオススメの方法など有れば教えて下さい(^_-)-☆

最近肌荒れもひどくなってきているんですよね。。。

僕は分かりやすく寝不足が続き、疲れが溜まってくると肌が荒れ始めます。

皆さんはそのような事はありますか?

僕はその場合は一日死んだように寝ると大体正常に戻り始めます(笑)

とはいえ、中々そうもいきませんので日々の体調管理と強靭な根性が大切になりますね。(笑)

暑くなってきましたし、体調管理はとても大切になってきますね。

なるべく夜も早く寝て次の日に備えたいと思います(^^)/

暑い夏も元気に乗り越えましょう(^^♪

さて今回は、庭木に食用としてオススメの果樹について紹介していきたいと思います。

色々な特性について紹介していきたいと思います。

是非参考にしてみて下さい(^_-)-☆

それでは早速やっていきましょう(^^♪

食用として庭木にオススメの果樹

ブルーベリー

個人的に一番のオススメはやはりブルーベリーです。

日本で栽培種として流通しているブルーベリーの品種は100種類を超えると言われています。

ブルーベリーは大きく分けるとハイブッシュ系とラビットアイ系に分けられます。

どちらも特性がありますので、生育地域によって選ぶようにしましょう。

種類や特性は以前のブルーベリーについて書いた記事がありますので、そちらを参考にしてください。

ブルーベリーのオススメポイントは生育のしやすさです。

プランターでも生育が出来ますし、お庭の地植えでも生育が可能です。

日当たりを良くすることや、土に気を付けるなどの基本的な事をきちんと行うと元気に育ってくれます。

ですので、まずは生育しやすいブルーベリーをオススメします。

レモン

レモンも庭木としてはオススメの樹木です。

レモンは致命的になる病気や害虫が少なく、それほど頻繁に手入れをしなくても元気に育ってくれます。

鉢植えや室内でも生育が可能なので、初心者の方でも手軽に始められます。

基本的には一本でも受粉して実を付けますが、二品種以上を植えると実付きと甘さがとてもよくなるので、是非チャレンジしてみて下さい。

レモンは寒さに弱いというイメージがありますが、品種によっては問題ないです。

実を付けやすくするポイントは、日当たりが良い場所で生育する事が大切です。

鉢植えの場合は何年かに一度植え替えを行って下さい。

庭植えの場合は、水切れには注意しましょう。

ライム

食用として意外と使い勝手が良いのがライムです。

レモンに並んでオススメの果樹がライムです。

オススメの理由は、まず香りが豊かでビタミンCなどの栄養成分が多く、使い勝手が良いからです。

果樹栽培をしたことのない初心者の方にもオススメの果樹です。

以前はレモンと同じように、寒さに弱かったのですが最近はタヒチライムと言われる寒さに強い品種が人気です。

また、このタヒチライムは果実が大きいのも特徴です。

ライムを美味しく育てるポイントは、しっかりと日に当たる場所で栽培すると風味がよくなると言われています。

ライムも最近は品種がとても多いので、是非自分に合った生育のしやすい品種を選んでみて下さい。

まとめ

いかがだったでしょうか?

個人的に食用としてオススメの果樹三種を紹介しました。

果樹は個人的にはとてもオススメで、興味のある方は是非チャレンジしてみて下さい(^_-)-☆

さて次回は、観賞用にオススメの果樹を紹介したいと思います。

あまり知らない品種も紹介出来たらと思います。

是非参考にしてみて下さい(^_-)-☆

本日も最後までご覧いただきありがとうございました(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました