fbpx

伐採の費用~費用の考え方~

庭師の道具箱(ブログ)

今日もご訪問いただきありがとうございます(^_-)-☆

今日は僕がこれから行っていこうと思っている事について少しお伝えをしていこうと思います。

先日、県外の方やマンションやアパートの方にも四季創庭苑のサービスを提供できるように新しいサービスを計画していると書きましたが、他にも計画していることが有るんです(^^♪なになに?

今年の春辺りで計画していることについてお伝えしたいと思います。

それは。。。ワークショップです(^^)/

内容は今練りに練っている所ですが、植物に関係することで苔玉や竹を使った竹細工などはどうかなと思っています。興味ある

とは言っても他によくあるような物はやりたくないので、四季創庭苑だから出来る楽しい事を計画したいと思っていますの乞うご期待ください(^^♪

実は、以前からこのようなお話をいくつか頂いていましたので度々、色んな場所で行う事になりそうです。

ですので、もしこんなワークショップ行ってみたいとか、こんな事教えて欲しいなど有りましたらご意見を聞かせて頂けたらと思います。

バーベキューしましょう!も受け付けます(^^♪(笑)楽しそうや

少しでも皆さんと楽しいことが出来たらと思いますので協力いただけたらありがたいです(^^)/

さて今回は、皆さんが気になる伐採の費用と費用の考え方について書いていきたいと思います。

初めて伐採を依頼する方などは不安な事も多いでしょうから少しでも参考になるように書いていきます。

また費用をかけずに伐採するコツと考え方も書いていこうと思いますのでそちらも参考にしてみて下さい。

それでは早速やっていきましょう(^_-)-☆

伐採の相場

伐採の費用ですが相場を知りたい方が多いと思いますが、相場は正直無いと考えます。

これはどういう事かと言いますと、植木屋によって伐採方法やサービス内容が違うからです。

ですので安い植木屋を探せば沢山あると思いますが、養生が不十分だったり、作業が荒かったり、掃除をしなかったり、また生えてきたりと、トラブルになった話も度々聞きます。

ですので、ここでは相場については書きません。

相場が無い分、良心的で献身的な植木屋選びが大切になって来ます。

ではどのようにして業者を選ぶかを説明していきます。

費用を抑え良心的な植木屋を見つけるコツ!

見積もり無料の植木屋に相談する

いつも頼んで信頼関係が出来ている植木屋が居る場合以外は、まずこの方法が良いと思います。

見積り無料の植木屋に一度見積りに来てもらい、色々と相談します。

大切なことはどのように作業して貰ってこの値段になるのかをしっかり聞くと良いと思います。

そこで良心的な植木屋ですと、きちんと説明してくれて別の方法も提案してくれるはずです。

提示された費用ではなく人で選ぶ

これが一番の植木屋選びのコツだと思います。

金額で選んでしまうと後にトラブルになった時に後悔することが多いようです。

金額ではなく人で選ぶと、伐採木のアフターケアだったり、その後何か頼みたい時に人間関係を造りやすく長い目で見ると費用を抑えることが出来ると思います。

初めて伐採を頼む方こそ金額ではなく、人間性で選ぶべきだと思います。

その方が安心して作業も任せられます。

説明を細かくしてくれる植木屋を選ぶ

これは人間性にも繋がることですが、説明を細かくしてくれる植木屋は経験と知識が豊富だと思います。

伐採はどんな伐採でも事故のリスクが高く、技術や知識が必要になりますので経験豊富な植木屋の方が安心です。

また説明が細かい植木屋は献身的に作業を行ってくれる場合が多いです。

ついでに周りの掃除までしてくれることも有ったりしますので選ぶ基準にしてみて下さい。

費用を抑えるコツ!

費用を抑える考え方

これが費用を抑える上で一番大切になってきます。

大切なのは伐採しないで済むように計画と管理をすることです。

どういう事かと言いますと樹木を植える場合は10年先、20年先を考えて樹木を植える事です。

もちろん予定通りにいかないことも多いですが先々の事を考えるだけで、伐採することは減ると思います。

先日の記事でも書いたように、きちんとした管理で伐採を防げる場合もあります。

実生木なども早期に手を打つことが大切です。

普段からのきちんとした管理と予防で無駄な伐採を減らすようにしましょう。

実生は費用が掛かる前に自分で処分する

実生木が大きくなってから費用をかけて伐採を依頼するのは非常にもったいないと思います。

必要のない実生木は、小さなうちに自分で処理すると費用も掛からず後々に困ることが無いのでオススメ出来ます。

必要な道具も前回の記事で紹介した道具で出来るので、試してみて下さい。

後々に困る場所に樹木を植えない

これも非常に大切なことになってきます。

樹木を植える場合は、植える樹木の性質を考え、地中に配管が無いかなど色々なことに配慮して樹木を植えるようにします。

新築で樹木を植える場合は業者とよく相談し植えるようにしましょう。

ご自分で植えられる場合は、よく考えて後々に伐採しないで済むようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

伐採の費用と考え方について、植木屋の目線から書いてみました。

しっかりした、植木屋選びが長い目で見ると費用を抑えることにつながり、満足出来るサービスに行きつくと思います。

ですのでまずは、信頼できる植木屋を見つけて下さいね(^^)/

さて次回は、最近岡山近県でぼったくりの被害にあってるという話をよく聞きます。

ですので次回は間違えない業者選びについて書いていきたいと思います。

こういう業者には気を付けて欲しいという事を書いていきたいと思いますので是非参考にしてみて下さい。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました(*^^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました