fbpx

築60年を越える古民家のお庭をリフォーム

庭師の道具箱(ブログ)

今日もご訪問いただきありがとうございます(*^^*)

今日は、たまには造園業の事について少し書いてみたいと思います。

先日、岡山の港町で築60年を越える古民家のお庭のリフォームの御依頼を頂きました。

お客様と何度も打ち合わせを重ね、先日工事に入らせて頂き、無事にお引き渡しさせて頂きました。

今回は、その施工事例について書いてみたいと思います。

四季創庭苑のご提案の仕方ですので参考にしてみて下さい(^^♪

それでは早速やっていきましょう(^^♪

大切にした事

今回のお庭のリフォームで一番大切したのは、「現状のお庭をどれだけ活かせるか」です。

お客様は元々県外の方で、田舎で子育てをしたいとの事で移り住まれています。

最初はウッドデッキや人工芝などをご希望されていました。るす

これはお子さんと庭遊びがしたいという想いから。

いずれはゲストハウスをしたいという目標も聞かせて頂きました(*^^*)

まず根本にお客様の想いがあるということ。

築60年を越えるお庭の何が活かせるの?と思われる方が多いかもしれませんが、これが庭師の腕の見せ所だと思っています。

もちろんお客様の予算内で、声が出ない程のお庭を完成させないといけない。

そうなると現状のお庭を活かすことが数々の提案になり、引き出しになるんです。

僕はお客様のお話を聞きながら、沢山の提案をします。

メリット、デメリットをお伝えしお客様と共に創造していきます。

提案と採用

お客様の想いを聞いて、今回僕が悩んだ箇所は2箇所ありました。

まず地の問題。

これはどういう事かと言いますと、ゲストハウスをされた場合やいずれまたお庭のリフォームをされる場合に費用を抑える方法を考えました。

そして何よりお子さんとお庭遊びが安全で楽しくなる「地べた」造り。

お庭には土の部分と、コンクリートの部分が有り、それを壊してウッドデッキもしくは人工芝にする事も考えました。

ですがこれは費用の負担が大きくなる事と、衛生面、実用性を考え今回は現実的ではないと判断しました。

そこでお客様に提案させて頂いたのが「ウッドチップ」です。

これをオススメした理由はいくつかあります。

ひとつ目は、「何も壊す必要がない」事。

これは作業費用を抑える事に繋がり、また未来にお庭をリフォームする事があったらその時の作業費用を抑える事にも繋がります。

ふたつめは「危険が少ない」事。

これはどういう事かと言いますとお子さんが転倒した場合などにウッドチップがクッションになって怪我の緩和につながります。

三つ目は「自然由来の物」であるという事。

自然由来の物ですので安心してお子さんを遊ばせられます。

また、減れば足すことが出来るのでお手軽です。

また脱臭効果なども期待出来るのもメリットです。

既存の物を生き返らせる

もう1箇所悩んだのが、既存の池をどう利用するのか。

これはおそらく、以前住まれていた方が趣味で作られた池だと思います。

これを壊すのか、池として利用するのか、別の利用価値を考えるか。

これもいくつも案が浮かび悩みました。

お客様は池として利用したい!との想いを聞かせて頂いたのですが、調べてみると排水の問題や水の循環の問題があり断念。

お子さんが池で怪我をしないかという懸念もありました。

そこで提案させて頂いたのが、「花壇」としての利用でした。

これも既存の池を利用するので、一切壊しません。

なので費用も抑えられ、何よりお子さんが植物を植えられます(*^^*)

家族の団欒の場所になれば良いなと思い、提案させて頂きました。

この提案を採用して頂き、池が生まれ変わります。

外柵

今回は横のお家との柵に「義竹みす垣」を使用しました。

沢山の種類の中から、お客様の好みや希望に合った物を採用。

色や垣の種類など、バリエーションが豊富なのも魅力のひとつです。

また、用途に合った高さの指定なども出来るので使い勝手はとても良いです。

耐久性も高く、ランニングコストも低いので最近はとても人気です。

義竹については、御質問を頂きましたので後日の記事で詳しく書いてみます。

植物

今回嬉しかったのは、植物をお客様と一緒に決められた事。

もちろんお任せされても最高の御提案をさせて頂きます(*^^*)

今回のお客様は植物に興味があり、自然が大好きなお客様でした。

ですのでお客様の意見をお聞きしながら、沢山御提案させて頂きました\(^^)/

その中で大切にしたのが「四季」を感じるお庭にする為の植栽です。

お客様が植えたいと言われた「桜」をシンボルツリーにし、和でも洋でもない「アート」なお庭になりました。

桜も海の近くなので河津桜を採用して頂き、お子さんと共に成長していくシンボルツリーに。

まとめ

今回御依頼頂いたお庭のリフォームは最高にやりがいがあり、とても楽しかったです(*^^*)

これも御依頼いただいたお客様との「御縁」があったからです。

御縁をいただき、そして四季創庭苑に御依頼をいただき、心より感謝しております。

お客様から最後にありがとう!と固く握手をしていただきました。

僕達庭師はお客様からいただく「ありがとう」の言葉が何よりの誇りです。

これからもその言葉を頂けるように日々勉強し、精進していきます。

夏にはお庭でバーベキューでもしましょう。と言われていたので勝手に楽しみにしています(*^^*)(笑)

これだから庭師は辞められない\(^^)/

自然の素晴らしさをこれからも伝えていきます(*^^*)

さて次回は、今回に引き続き「義竹」についての質問を頂いたので特性やメリット、デメリットなどについて書いていきたいと思います。

最近とても人気ですので、是非参考にしてみて下さい(*^^*)

本日も最後までご覧頂きありがとうございました\(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました