fbpx

2020年に多かった庭木の悩みとは?!

庭師の道具箱(ブログ)

初めましての方も、いつもご訪問いただいている方もご覧いただきありがとうございます(^^♪

今日も最後までご覧いただけると嬉しいです(^_-)-☆

先日、Instagramがきっけで御縁をいただいた方にお会いしてきました。

結構前からSNSを通じてやり取りをさせていただいていたのですが、お時間が合いましたのでお会いさせていただきました。

とても興味深い人生を送られており聞きたいことが沢山ありました。

少し似たような境遇の話もあり、とても楽しみにしていました。

お会いした時間はとても貴重な時間になりました。

当然ですが、僕にない物を沢山持っておられ、何より人間性が素晴らしい方でした。

これから長い御縁になればと思います。

とても面白い事にもなりそうなので、また報告させていただきます(^^♪

2021年も御縁を大切にしたいと思います(^^♪

さて今回は、2020年に多かった庭木の悩みを紹介したいと思います。

同じ悩みをお持ちの方はヒントになればと思います。

是非参考にしてみて下さい(^_-)-☆

それでは早速やっていきましょう(^^♪

2020年に多かった庭木の悩みとは?!

草の問題!

この相談がとても多かったです。

やはり敷地内の雑草で悩んでいる方がとても多いです。

草は一年を通して生えてしまいます。

最近はとても多くの対策が出てきました。

自分に合った対策を行う事で少し解消される事が有ると思います。

また、除草剤を嫌がられる方も多いと思います。

除草剤を使いたくない方は、こまめに除草をするか雑草が生えない環境を作るしかありません。

ですので個人的には様々な事を考慮し、対策をする事がオススメです。

信頼できる植木屋が居る場合は是非相談してみて下さい。

予算内で手軽に行えることもあると思います。

樹木の剪定!

この相談もとても多いです。

そのような相談かと言いますと、庭木が大きくなりすぎているという相談です。

これは何年も放置している場合と植木屋が剪定しているにも関わらず、樹木が大きくなっているという場合です。

個人的には、最低でも一年に一度は剪定される事をオススメします。

植木屋に剪定をお願いしているのに樹木が大きくなってしまう場合は、植木屋に技術が無い場合がほとんどです。

剪定と言っても様々な剪定が有ります。

樹木を維持する剪定や、樹形を造り直す剪定、樹木を大きくする剪定など様々な技術が必要になります。

ですので、もう一度依頼している業者も含めて庭木の剪定を見直してみましょう。

庭木の伐採!

この相談も近年とても増えています。

どういう事かと言いますと、近年お庭から樹木が減っている傾向にあります。

これは様々な理由が有りますが、少しずつお庭に求められている事が変わってきていると言えます。

やはり庭木が増えると管理が大変になります。

そのような管理が出来ないという方が増えているという現状もあります。

また、お庭を大切にされてきた高齢の方から代が変わり、お庭の状況が変わってきているという事もあります。

個人的にオススメなのは、どうしても庭木を減らしたい場合は知り合いや友人に譲る事です。

伐採してしまうのではなく、違うお庭で元気に育って貰うというのが良いと思います。

植物は命がある物ですので、軽視せずに活躍できる方向で考えていただきたいと思います。

様々な方法が有りますので、信頼できる植木屋が居る場合は是非気軽に相談してみて下さい。

まとめ

いかがだったでしょうか?

昨年も様々なご相談を頂きました。

様々な解決方法が有りますので、結論を出す前に一度植木屋に相談してみて下さい。

一緒に最善の策を考えさせていただきます。

さて次回は、最近岡山で流行ってるお庭の傾向を紹介したいと思います。

地域によってお庭の流行りは変わって来ます。

お庭造りを検討されている方は是非参考にしてみて下さい(^^♪

本日も最後までご覧いただきありがとうございました(^_-)-☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました