fbpx

終活を考える際に知って欲しいお庭の事!~多いお悩み~

庭師の道具箱(ブログ)

初めましての方も、いつもご訪問いただいている方もご覧いただきありがとうございます(^^♪

今日も最後までご覧いただけると嬉しいです(^_-)-☆

かなり秋が深まって来ました。

岡山は朝晩は寒いほどになってきました。

秋と言えばとても楽しみが多い季節ですよね。

岡山では食欲の秋にちなんで、多くの食のイベントが開催されます。

週末に駅前をうろうろすると様々場所で良いにおいがしてきます。

コロナの影響はあるようですが、コロナに負けずイベントを行うという情報も多いです。

秋になると外出しやすい気候になるので、是非イベントを見かけたら立ち寄ってみて下さい。

僕も時間がある時に参加してみようと思います。

さて今回は、終活を考える際に知って欲しいお庭の事を紹介したいと思います。

よく相談されるお悩みをいくつか紹介したいと思います。

是非参考にしてみて下さい(^_-)-☆

それでは早速やっていきましょう(^^♪

終活を考える際のお庭の悩み!

植物の管理!

まずはこれが一番だと思います。

多くの方が、歳を重ねられ管理が出来ないというのがお悩みのひとつになっています。

当然、植木屋に頼めばお庭の管理は可能です。

実際にお庭を残したい方は、植木屋に委託される方が多いです。

ですが様々な問題もあると思いますので、一概に植木屋への委託が正解だとは言えません。

ですので、まずは気軽に植木屋に相談するのがオススメです。

一度にお庭をいじるのではなく、徐々に整理していくというのがオススメです。

なので早い段階から今後のお庭について考えるのはとても大切な事だと思います。

お庭は残したいがお庭に出られない!

この相談もよくされます。

どういう事かと言いますと、お庭には思い入れがあり残しておきたいが足や体が弱り、お庭に出るのが億劫になったという事です。

この場合にはお庭をバリアフリーにするのがオススメです。

お庭を残したいという事が前提になりますが、段差を無くしたり手すりを付けたりとお庭に出やすい環境に変えます。

このようにバリアフリーにするとお庭での事故防止にもつながります。

最近は昔ほど費用が掛からず施工する事が出来ると思います。

植木屋に相談すると費用を抑えてお庭を残す方法を提案してくれると思いますので、是非相談してみて下さい。

悪徳業者も多くいますので、信用できる業者に相談するようにしましょう。

お庭は残したいが後継ぎが植物に興味がない!

この悩みがある方も多いのではないでしょうか。

これは親族の問題が大きので、難しい問題ですが解決方法は有ると思います。

例えば、お庭を全て残し管理するのが難しければ、お庭を少し縮小するという事です。

植物も管理しやすい植物を残し、管理が難しい植物は友人に譲るなどすれば負担は少なくなります。

どのようなお庭なのかにもよりますが、後を管理される方の為にも負担を少なくすることを考えるのはとても大切な事だと思います。

まずはしっかりと家族で話をするようにしましょう。

その上で植木屋に相談すると、色々と解決策を提案してくれるはずです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

終活を考える際にお庭の事は、誰もが考える事だと思います。

大切なお庭をどうするのか、よく考えてみてくださいね。

さて次回は、終活を考える際に知って欲しいお庭の考え方を紹介したいと思います。

お庭についてしっかりと考えてみて下さい。

是非参考にしてみて下さい(^_-)-☆

本日も最後までご覧いただきありがとうございました(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました