fbpx

寄せ植えの鉢についてご紹介

庭師の道具箱(ブログ)

今日もご訪問いただきありがとうございます(^^♪

今日で、今年1年の四季創庭苑の現場作業を終了いたしました。

後は事務作業を残すだけとなります。ですが電話は30日までつながりますので何かお急ぎの事が有りましたら遠慮なくお電話いただけたらと思います。

年末のご挨拶は31日の記事でさせて頂きたいと思っていますので今回は四季創庭苑が1年間取り組んできたことについてお伝えしようと思います。

四季創庭苑が今年取り組んできたことは、緑や自然、お庭が大好きな全ての方に、素晴らしい植木屋に出会って頂く事。

その中で、業者選びの方法や考え方について発信させていただきました。

これは僕が起業した当初からいつも思っていたことでした。

自分に合った植木屋に巡り合って頂く。。。これが出来ればもっともっと緑やお庭が好きになっていただけるのではないかと考えていました。

この思いは今も変わらないので来年も皆さんに訴えていくつもりです。

来年も四季創庭苑は新しいことにチャレンジし皆様のお役に少しでも立てるように進んでいきたいと思います。

さて今回は、前回の続きで寄せ植えの鉢について書いていきたいと思います。

皆さんのイメージだと陶器などで、重くて割れ物というイメージの方が多いと思いますが、今ではプラスチック製の物で、おしゃれな物も販売されていますので是非参考にしてみて頂けたらと思います。

それでは早速やっていきましょう(^^♪

寄せ植えの鉢の考え方

鉢植え選びのコツ

寄せ植えは沢山の人に見てもらいたくて作る方が多いと思います。

何が言いたいかというと「見せる寄せ植え」を意識して鉢を選ぶという事が鉢選びのコツだと思います。

並べるところも考え、植物の彩りや、鉢の大きさやデザインなども考えると鉢選びが更に楽しくなってくるのではないでしょうか。

僕は以前の記事で植木鉢を地べたに置かない事が見た目はもちろん、管理のしやすくなる方法としてお伝えしたと思います。

ですので見せる寄せ植えを作る場合には、鉢はもちろん、鉢の下に置く台もおしゃれにするとより明るくおしゃれな空間にすることが出来ると思います。

また植える植物と同じように、場所や目的をハッキリさせるとより選びやすくなると思います。

初心者にオススメの鉢とは

初心者の方は鉢選びのコツを見ただけではイメージが湧かない方も多いと思いますので初心者の方に選んでいただきたい鉢について書いてみたいと思います。

大きさ

まず大きさは小さめの物を選んでください。

あえてここではサイズは書きませんが、自分が少し小さいなと感じる程度の鉢を購入することをオススメします。

理由は小さな鉢の方がイメージが湧きやすいからです。鉢が小さくても立派な寄せ植えが出来るので安心してください。

もう一つの理由は、小さな鉢に慣れるとプレゼントとして寄せ植えを作る時に役に立ちます。

比較的と、プレゼントとして寄せ植えを渡す場合は小さな物が多いからです。

デザイン

次にデザインですが今はとても多くのデザインの鉢が販売されています。

基本的に自分の好みの物を購入されたら良いと思いますが、悩まれている方はシンプルな物を購入することをオススメします。

何故シンプルな物が良いかといいますと、何にでも合わせやすいという事です。

これは植える植物もそうですし、置く場所の周りの色合いもです。

シンプルな物はとても使いやすいと思いますので非常にオススメです。

また、これからいくつも寄せ植えを作る場合にデザインの派手な物ばかりを置くよりも、シンプルな物の方が統一感が出るのでおしゃれに見えます。

使い勝手

特に女性の方にとって使い勝手は非常に大事だと思います。

まずは軽さが大事だと思います。

鉢の素材は陶器の様な物よりもプラスチック製をオススメしています。理由は軽いし、落としても割れないからです。

これは女性の方には非常に嬉しいのではないでしょうか。

ですが陶器に拘りが有る方もおられると思うのでその場合は、土の入れやすさだったり、植え替えやすさを考えて鉢を購入すると良いかと思います。

鉢の購入方法

最近では100円ショップなどでも鉢を見かけるようになりました。

基本的にはホームセンターや園芸店、陶器の鉢であれば陶器市などで購入することが出来ます。

通販などでも購入することも出来ますし、おしゃれな鉢が売られているイメージがあります。

実物を見る事が出来ないので失敗することもありますが、一度調べてみても良いかもしれません。

これは余談ですが、僕は今度備前焼でオリジナルの鉢を作りに陶芸をしに行こうと思っています。

自分だけの鉢を作るのも楽しいのではないでしょうか。

まとめ

いかがだったでしょうか?

最近では様々な鉢が販売されていますので鉢選びも寄せ植えの楽しみの一つではないでしょうか。

また金額の幅も広いので、自分の好みや目的に合った物を購入できるのも良いですね。

鉢選びも楽しで見て下さい(^^)/

さて次回は、寄せ植えに必要な材料について書いていきたいと思います。

次回も初心者の方に分かりやすいように書いていきたいと思いますので是非参考にしてみて下さい。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました