fbpx

知ってるようで知らない!除草剤のメリット、デメリットについて!

庭師の道具箱(ブログ)

初めましての方も、いつもご訪問いただいている方もご覧いただきありがとうございます(^^♪

今日も最後までご覧いただけたら嬉しいです(^_-)-☆

ここ最近コロナが少し落ち着いたように感じますね。

波が有ると思うのでまた直ぐに、感染者が増えるのでしょうが。

先日とても話題になったGOTOキャンペーンもまた更に新しい企画が始まったようですね。

条件はあるようですが、東京も対象になったようです。

今日ニュースで見たのは世界一周の船の旅が半額!!

100万円近くの旅が半額になるとの事でした。

コロナ対策も万全のようで、人気が出るのではと言われていました。

僕もとても楽しそうで興味が有ります(^^)/

是非皆さんもこの際に検討してみてはいかがでしょうか。(^_-)-☆

さて今回は、除草剤のメリットとデメリットについて紹介していこうと思います。

とても多くの除草剤が販売されて注目されています。

除草剤を正しく理解していきましょう。

それでは早速やっていきましょう(^_-)-☆

除草剤のメリット!

誰でも使用できる!

除草剤は薬剤ですが、誰でも使用する事が出来ます。

最近は様々な除草剤が販売されていますが、どの除草剤も使用する事が出来ます。

基本的には全てホームセンターなどで手軽に購入する事が出来ます。

除草剤には希釈して使う液体の物と、そのまま撒いて使う粒状の物があります。

どちらもとても簡単に使用できます。

液体の物は、別で噴霧器で雑草に散布していきます。

この噴霧器もホームセンターで安価に購入する事が出来ます。

根から枯らす事が出来る!

除草剤の一番のメリットはこれだと思います。

お庭は除草をしても根が抜ききれていないことが多く、また生えてきてしまいます。

何度抜いても何度抜いても直ぐに雑草だらけになった経験はないでしょうか。

除草剤を散布してもまた生えてきますが、手で除草するよりは長く持ちます。

更に手ごわい雑草も根から枯らせます。

例えばスギナやヨモギ、ドクダミなどの何度抜いても生えてくる雑草を根から枯らせます。

このメリットはとても大きいと思います。

一度で枯れない場合は何度か散布すると枯れてしまいます。

作業がらく!

除草剤はお庭作業が難しい方にオススメです。

このような理由で除草剤を愛用している方も多いのではないでしょうか。

真夏の暑い時期の除草には除草剤がとてもオススメです。

夏場の気温が高い季節は除草剤の効果も高いです。

手で除草するよりもとても楽に作業が行えます。

高齢者の方などにはとても大きなメリットだと思います。

除草剤のデメリット!

人体の影響が心配!

基本的にはどの除草剤も人体に影響が少ないとされています。

ですが、個人的には除草剤の使用はあまりオススメしていません。

除草剤について様々な情報が流れており、その中には心配な内容の物も多くあります。

ですので、個人的にオススメなのは枯れにくい強い雑草にのみ使用するという事です。

お庭で野菜などを作られている場合は、個人的には除草剤の使用はオススメしません。

人間が作った薬剤ですので、なるべくは使用しないのがオススメです。

誤って違う植物も枯らしてしまう!

このような事でよく相談を受ける事があります。

基本的にはどの除草剤も光合成を出来なくなる成分が含まれており、雑草が枯れていきます。

植物の種類にもよりますが、比較的弱い植物でしたら除草剤がかかると枯れてしまう事があります。

ですので、散布する際には細心の注意が必要です。

また、粒状の除草剤はこのような事が起こりやすいです。

以前に相談された事例としては、自分のお家のお庭に除草剤をまいたら隣のお宅のお庭の植物も枯れてしまった。という相談です。

これは敷地に境界がなかったことが原因でもありますが、とても強い薬ですのでこのような事故が起こりやすいです。

ですので家庭で使われる場合は、粒状の物はオススメしません。

土がやせていく!

この相談もよく受けます。

除草剤を定期的に撒いていると土がやせていく場合が多いです。

土がやせていくと植物が生育しにくくなります。

ですので、頻繁に除草剤を撒くことはオススメしません。

土がやせてしまった場合には、もう一度土作りを行うようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

最近とても多く商品が販売されている除草剤ですが、多くのメリットとデメリットがあります。

正しく理解して使用するようにしましょう。

さて次回は、秋にオススメの岡山の散歩コースを紹介したいと思います。

僕はよく散歩をしているのですが、手軽に通える散歩コースを紹介したいと思います。

是非参考にしてみて下さい(^_-)-☆

本日も最後までご覧いただきありがとうございました(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました