fbpx

第1話:草花の寄せ植え~メリットとデメリット~

庭師の道具箱(ブログ)

今日もご訪問いただきありがとうございます(^^♪

先日久しぶりに焼肉を食べて来ました(^_-)-☆

皆さんはオススメの焼肉屋さんはありますか?

個人的には昔から家族で食べに行く行きつけの焼肉屋さんがあります。

今回は諸事情でいつもと違う焼肉屋に行く事に。

岡山に在住の方なら知っている方も多い、たろう食堂に行っていきました。

岡山では屈指の人気店で、中々食べに行けません。

今回は何とか食べに行けました。

どのお肉も美味しい!!

個人的には30歳を超えてからは、濃いお肉は食べれなくなりました。。。(笑)

しかも食べ過ぎると胃もたれする。。。(笑)

今回もタン塩などを始めにあっさりしたお肉を食べまくりました。(笑)

よく意外と言われますが、僕はめちゃくちゃ大食いなんです。(笑)

高校球児時代に比べて大分食べる量は減りましたが、今でも一般の方よりよく食べます。

食べすぎたのでお盆明けの仕事から全力で頑張りたいと思います(^^♪

皆さんのオススメの焼肉屋さんが有ったら是非教えて下さい(^_-)-☆

さて今回は、草花の寄せ植えのメリットとデメリットについて紹介していきます。

多肉植物とは違ったメリットやデメリットがあります。

是非参考にしてみて下さい(^_-)-☆

それでは早速やっていきましょう(^^♪

草花の寄せ植えのメリットとデメリット

メリット

簡単に彩りを加えられる

お庭に彩りが欲しい方は、寄せ植えをお庭に配置するのもオススメです。

玄関前などの花木が植え付けられない場所でも寄せ植えなら彩りを持たせる事が出来ます。

鉢植えなので移動する事も可能なので、様々な場所に利用出来ます。

お庭の地植えと比べて、寄せ植えの場合は鉢の中で配置が完結するので初心者の方でも比較的簡単に上手く作れます。

更にお庭の地植えと違い、好きな色を沢山使っても綺麗に仕上がりやすいです。

また、マンションのベランダなどにもオススメです。

ベランダが華やかな印象になります。

管理がしやすい

個人的にはこのメリットは大きいと感じています。

鉢植えなので移動が出来、水やりなどの管理がしやすいです。

植物の生態によって生育環境を変える事も出来ます。

例えば、西日に弱い草花ですと寄せ植えの置き場を変える事が出来ます。

半日陰を好む草花などは、日差しがあるような場所で生育出来ます。

鉢を小さくし、軽くすると力の弱い女性や御年配の方でも持ち運ぶ事が可能です。

様々な草花が楽しめる

最近人気の理由はこのような理由が大きいと思います。

寄せ植えは自分の好みの草花を沢山使用出来ます。

お庭に植えるのと違い、様々な種類の草花を沢山使えます。

開花期の異なる草花を植えたり、季節によって表情の違う草花を植えると年中楽しめます。

アート的な楽しみがある

世界にひとつの寄せ植えが作れる楽しみがあります。

鉢選びから草花選びまで自分好みに仕上げる事が出来ます。

草花の配置などもアート的な楽しみがあります。

このような事からも女性から人気です。

作成した寄せ植えは思い入れもあるので、管理も楽しくなります。

デメリット

庭植えが好きな方には向かない

デメリットと言うほどではないですが、庭植えが好きな方には寄せ植えは向きません。

寄せ植えを作成して、寄せ植えを楽しんだ後に植物をばらしてから庭に植えるという方法もあります。

処分をするのが手間

寄せ植えを嫌う方の多くがこの理由ではないでしょうか。

庭植えと違い、必要なくなったら鉢や土を処分するのが手間です。

寄せ植えを何度も作成される方は問題無いと思いますが、処分に困るなんて事も多いです。

特にマンションの方などは手間になるのでよく検討した方が良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

最近特に人気の、草花の寄せ植えのメリット、デメリットをご紹介しました。

草花の寄せ植えはデメリットはほとんどなく、比較的簡単なので是非チャレンジしてみて下さい。

さて次回は、草花の寄せ植えに必要な物を紹介します。

比較的安価で材料が揃うのも魅力のひとつです。

是非参考にしてみて下さい(*^^*)

本日も最後までご覧いただきありがとうございました\(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました